fc2ブログ

百日紅に元気もらえる… Porcupine Tree (ポーキュパイン・ツリー) / Deadwing (2005)

A5C9FB55-78F6-4005-9B81-086B9B79354C.jpeg

こんにちは

こちらは私が働くお店が入っている
商業施設の入口付近に咲いている百日紅(さるすべり)
毎年こぼれんばかりに咲き誇ります

この時期には土手やマンションの敷地内とか、至るところで目にしては
ああ、確かにお猿さんも滑りそうだよなぁって
ツルツルとした幹を感心して眺めます笑

F2C03576-6A61-4622-98AC-DDCD5EB9E919.jpeg

このピンクの花はずいぶん長く咲き続けますよね
約3ヶ月(100日)ほどとか、だから百日紅なんですね

寒くなりだした頃に色あせた百日紅を見かけると
長い間頑張ってるんだね、ほんとすごいねって
私ももう少し頑張ってみようかな、なんて
ちょっと元気を貰えます


最近少しだけ、生きているのが楽しいと思う瞬間があります
そんなのわざわざ感じないのが普通なんだよ、って思いますが
あえて感じてしまったことに、なんかまた嬉しかったり

今日はこれ食べたい、ああしてこうして作ったら美味しくできるかな、とか
やけにこの音楽カッコいいじゃん、ああライブに行きたい!とか
そんな些細なことで、、、



今日の音楽はこちら
とってもカッコいい音にハマっている最中です

スティーヴン・ウィルソン(G/Vo)率いる英国のプログレッシブ・ロック・バンド

  Porcupine Tree   ポーキュパイン・ツリー
4ECB168B-8AA2-4AD4-820A-373C506CA235.jpeg

とっても有名なバンドなんですね
今年新しいアルバムが出ていますが、今は3名で活動中のようです

アルバムは、これとか( 2007)
8A60010C-12BE-432D-8ACA-76DDA6233F77.jpeg
これとか(2002)
C3214730-B14D-4928-8768-000541C76ACA.jpeg
他にも沢山名盤ありますが


私の心身に一番ピッタリくるでだろうアルバムはこれでした

2005年  8th 「 Deadwing」
D006C60B-4B83-4F3A-829E-98FC2EC54208.jpeg


今日は3曲ともカッコいいライブ音源で聴きます


最初のドラムの音を聴いただけでも、すごくライブに行きたくなります

~ halo ~          https://youtu.be/Rj6U0KRj8Yk


目から流れ出る感情を色としてみることが出来る、という
現在放送中のドラマ、感情捜査官「オクトー」はこのVを参考にしたのかな!?
なんて(見てる人いるかな)、ドラマにもハマっている毎日です



ヘヴィーな音が胸に刺さる
メランコリックなメロディーにクールな歌声と佇まい
さらさらな髪が揺れ動く度に、心も大きく揺らぐ

~ Open Car ~       https://youtu.be/Cb7XdHyfgsA




霧のかかった森の中をふわふわと彷徨い歩く
夢なのか現実なのか…
怪しげな雰囲気に引き寄せられていくけれど
どこか妙に安らかで
2人の声が重なると、不思議と気持ちが落ち着いてきます

~ Melloton Scratch ~         https://youtu.be/W8CGGMbCe5M



立秋を過ぎた途端に、夕方の風が穏やかに感じられますが
まだまだ続く暑さに負けないようにしないといけませんね


それでは、またまた





しっとりと、映像が心に焼きつく … 溝口肇さんの音楽の世界

4392BA7B-C8EC-4E35-ADCD-8C17A814F368.jpeg

こんにちは

今日も夏真っ盛りのお天気です
あまりに日差しが強過ぎて、セミ達の声も少しバテ気味に聴こえます

リビングの床に寝転んで、ベランダから空を見上げたら
真っ青な空と、流れる白い雲にみとれました
強めの風も心地よくて

"ああ、なにもしない時間ってほんと幸せ "


最近私はお休みの日が多くなりました
暮れから忙しさが続いていたので、6月までの前半に働きすぎてしまいました
扶養内で働く店長さんと私は、残り後半は控えめに働きます

新しく頼りになるスタッフさんも入って来てくれたので
最近は心にも体にも余裕が生まれて
なんだかほんわかとした(ぼーっとした)日々を送っています

昨日はなにかしないともったいないかな、と
お出かけでもしようと思いましたが
いやいや、
このまま世界が終わってしまうかもしれなくても
やっぱり今は、この開放感を味わいつくしたい

今が、ゼロ地点
やっとマイナスからゼロへ
さあ、これからプラスになっていきたいな
今はそんな心境です



さて、
今日はこの方の音楽をかけたくなりました

「世界の車窓から」で有名の
チェロ奏者、作曲家、編曲家の溝口肇さんです


F03F5006-FD7E-4C95-AD93-42C776E7855A.jpeg


以前にも少し溝口肇さんに触れたことがありました
私の記念すべき最初のブログに載せた音楽が、溝口肇さんの曲でした

出会ったのは高校生の頃
タバコ「Peace Light」のこのCMからでした



その頃は高校で管弦楽もやっていたので、チェロの音に親しみがあったというか
この音は誰?から始まりCDを集め
それからはアルバムが出る度に、楽しみに聴いていました


溝口さんは3歳の時、カラヤンをTVで見てピアノを始め
11歳の時、TVでパブロ・カザルス演奏の「鳥の歌」を聴いて、チェロを始めたそうです

この曲は溝口肇さんの曲の根底に流れているように思います

鳥の歌  (カタルーニャ民謡)



1992年の7枚目のアルバム以降は、すっかりご無沙汰していました
調べてみると、1994年以降、ドラマやアニメの音楽などを沢山手懸けていました

1995年のドラマ「星の金貨」(酒井法子・大沢たかお・竹野内豊共演)の音楽も溝口さんだったのですね
私がのめり込んで見ていたドラマでしたが
印象深く覚えているのは音楽の力が大きいんだなと思います

こちらは2018年チャペルコンサートでの演奏
映画「東京タワー」(岡田准一、黒木瞳主演)のテーマ曲
美しく物悲しい物語をそのまま音楽にした曲
と、紹介されています

映画見てないですが、見てみたくなります
夜空に浮かぶ冴えた東京タワーが目に浮かびます

~ Tokyo Tower  Theme ~          https://youtu.be/Ex8sOYV9dwQ



次は溝口さんの愛猫、マメちゃんがかわいいジャケット
コロナ禍に作り上げた2021年のアルバム「Hopeness」より
              
一人で過ごす変哲のない日常を彩り輝かせる
静かで奥深い音世界
じっくりと向き合っても、暮らしの中で聞き流しても
繰り返し、水のようにしみてくる希望  "
        
           こちらの記事より抜擢させていただきました→ e~onkyo Music


~ Luminance ~          https://youtu.be/U7vGzanXmxs





最後に、最新アルバム「sinfonia」より

2000年代はチェコ、ワルシャワのオーケストラとの仕事を数多くしていたようです
60歳を区切りに、オーケストラとの曲を新たに書き
今ある音楽への想いを存分に表現したアルバムの、一番最後の曲です


青くて、清々しい大空が
そよ風と共に目の前に広がって
人の心情を青空に解き放って、どこか祈のようにも聴こえてきます

~ In The Sky ~     https://youtu.be/T9mGyC7FHBE


私が聴いていた、初期の頃の音から35年余り
改めて出会った溝口肇さんの音楽は
とても懐が深く、やさしさに溢れ、ノスタルジックに心に響いて
目を閉じるとプラネタリウムを見ているかのように
大きな大きな空間で、その心情の景色に包み込まれるようでした

ありがとう
なんだかとっても、そう言いたくなりました



今日もお付き合いくださり、ありがとうございました
それでは、また




孤独な月に思いを馳せる … 「下弦の月」と「月のしずく」



またご無沙汰してしまいました
みなさん、お変わりありませんでしょうか

猛暑と豪雨にコロナに etc
ちょっと体も気持ちも持ち上げるのに大変だけれど
夏の青空と大きな白い雲、そして蝉の声
幼い頃の夏の楽しい思い出が、心を少しウキウキさせてくれます


F6D690A4-186C-4EDA-8775-6B386BB72872.jpeg

7/7に撮った上弦の月
スマホを新しくして、やっと月が撮れるようになりました
今は満月を過ぎて下弦の月に入り、新月へ向けてどんどん欠けていくところでしょう






さて、今日こそブログを更新しますね

最近のこととか書こうと思いましたが
しばらく書かないと、あれもこれも書きたくなって
でもまとめる能力に乏しいので、なかなか書き上がりませんね



今日はいきなりですが、「孤独」についてです

少し前、あさイチで「孤独との向き合い方」について取り上げていました

この日はジョン・カビラさんがゲストで
博多華丸さんとの掛け合いがすごく面白かったな(笑)

C36124F7-3357-4D4F-8484-C91B6EA0018D.jpeg

視聴者からのメッセージを、鈴木アナの代わりにカビラさんが読んでくれて
こんな時に孤独を感じるとか、そんなメッセージに
ちゃんと1つづつ親身になって応えてくれていました

「そう、こんなことをきっかけに、他者とシェアしていけたらいいですよね」
各々の孤独についての意見に、この言葉を優しく投げかけていました


私はずっと孤独が怖かった
孤独でいることは、はやってはいけないこと
関わりあって生きて行くのが人間
その根本を放棄している自分は、人として不十分
まさしく生きている価値のない存在
以前はそんなふうに思っていました


6093A71C-9AEE-4BA3-A429-091A20B0342F.jpeg
チィは孤独でも全然平気でかっこいい笑


でも今は、孤独が怖くなくなりました
たとえ孤独でも大丈夫というか
そもそも孤独だとあまり感じなくなってきました

友達が増えたとか全くなく、いつもと変わらない現実で
逆に意固地なまでに孤独に拘ってたりするのだけれど

今まで感じていた寂しさや悲しさが、どこかへ行ってしまいました

多分もう1人の自分が、いつでも私に寄り添えるようになったからなのかもしれない
いつも私を否定する自分がいたのだけれど
その自分が、私の味方についてくれた
だから寂しく感じなくなった


EBEF1E7B-8299-4622-B4F9-9193D36BE49C.jpeg
今年はいっぱい咲いたミツバハマゴウの花


「私は孤独が怖くて仕方ないよ〜」って大きな声で叫んでみたら
カビラさんの言うように、きっとシェアしてくれる誰かに出会える

そんな声を出せる勇気を、私はここで貰えたのかな
この場を借りて、こんな自分恥ずかしいよ〜って叫ばせてもらって
そしてそれを聞いてくれる人がいて

やっとこそこそしないで生きていけるのかもしれません
だってもう隠さなくていいんですから

みなさん、聞いてくれて…
いつもありがとうございます 






では音楽です
今日は下弦の月をキーワードに探してみました


1曲目は このアーティスト

Ego - Wrappin' 
Rute 20 Hit The Rooad(2009)より
7E67A435-47EB-47E6-9167-9401258B6450.jpeg


月はよく心に例えられますが
月も心も掴みづらいものですよね

下弦の月は、満月からどんどん減少しかけていくさま
移ろいやすい心の揺れ具合が、反映されやすい時期かもしれません


下弦の月 ~      





こちらは柴咲コウさんのメッセージつきコンサート音源です
コウさんのファンってわけじゃないんですが
なんか雰囲気がとても良かったので…


~ 月のしずく ~




月って神秘的でミステリアスですね
会えなくなった人達に、何処か繋がっているような気がします


それでは、また





音楽は私の友達、とは… Nothing But Thieves / Moral Panic (The Complete Edition)2021



おはようございます

今日はいいお天気になりました
青い空が窓辺から見えると、なんだかブログが書きたくなります

40668ABF-6C0A-4D76-9B39-FDDD18F76B9D.jpeg

先週誕生日だった娘が頂いだお花が、まだ元気に咲き誇っています
それから、ベランダで大きく育ったユーカリポポラスの剪定した枝と
ミニ薔薇がそろそろ散りそうなので、カットしてお家に飾りました


B6046EF4-4DC1-44DB-8B40-4EA870B05A5A.jpeg

こちらはベランダの諸君
巨大化した多肉植物と不格好なサボテンやら
寄せ植えしたら可愛くなるかなって思ったんだけど
その時入れた肥料が効きすぎたったんでしょうね
お花まで咲いちゃって

可愛くないけど笑、大きく育ったねぇって
どの植物も新芽が出てきてると可愛くて
どうしても剪定できなくて、そのまま大きくしてたから
形も良くないし、葉っぱが密で風通しも悪いから
意を決して剪定したり、サボテンも上と下をカットしたり
色々調べて、今開拓に取り組んでいますが、どうなる事やら…


新しい仲間の百均くん達
3CDA2E00-6D8F-4942-AC89-EC2E0DCE0B9C.jpeg




さて、音楽ですが
最近どうしてるかなって気になっていた彼らを

Nothing But Thieves 
003D1960-11D3-426E-8F19-828D151346F3.jpeg

 Moral Panic (The Complete Edition)より

まずは久しぶりの私の好きそうな少しダークな音を



私はよく、音楽は私の友達って言っていました
心に響く音楽は、私の気持ちをほんとよくわかってるって(笑)
表面には出ない、心の奥の感情を
そうだよね、そうだよねって同意してくれて
一緒になって泣いたり笑ったりしてくれる

私はそんなリアルなお友達が作れなかったし
だからこそ家族もその延長だったのではないかと思う


彼らの音楽に惹かれたのは
暗い奥底に沈んでいる心の叫びを
自分の代わりに吐き出して表現してくれるからなのでしょう

~ Your Blood ~    https://youtu.be/yKwdN-SrYNs


ここのところ、前みたいに深く心に響く音楽に巡り会わない
だけどそれは、吐き出さないといられないものが
無くなってきてるからなのかもね

今まで縛られてきた私の価値観を見直してみた
私もベランダの諸君と同じように、古く固くなった部分をカットしてみたり
新しく出てきた可能性を満ちた芽を、大切に育てみてもいいよね

~ Impossible ~      https://youtu.be/8irM5QFkr6Q



最後はレースゲームの「グランツーリスモ7」サウンドトラックより

Life's Coming in slow
人生はゆっくりとやって来る
昔占いで、よく大器晩成型って出てたっけ(笑)

~ Life's Coming in slow (from GRAN TURISMO 7) ~ 

昔よく、プレステでリッジレーサーやってたなぁ(*^^*)


お付き合いくださって、ありがとうございました

それでは、また





お互い年を取りましたね… MUSE / Will Of The Peopleより

こんばんは

季節はいつしか雨の季節ですね
早いもので1年ももう半分が過ぎてしまったんですね

6月はお誕生日ラッシュで
息子と娘に私の兄、それから…

先日どこかで「ロックの日」というを言葉を聞いて、
ああ、今年はすっかり忘れてたなぁ、なんて思ったんだけど
でも、あれ?ロック日って、そうだ、マシュー(MUSE)の誕生日じゃないですか

MUSEに出会って10年、忘れた年はなかったのにな(^^ゞ
先日いい写真を見つけたのでUPさせていただきます

(MUSE Instagramより)
90BF0F5B-EDBE-49D3-B120-06992825E379.jpeg

ウーン、この写真は渋くてベストですよ〜(笑)
10年かぁ、お互い年を取りましたね…

ブログを続けてきて、何回もお休みしたり、はたまた居なくなってみたり
その都度反省して(笑)また戻ってくるんだけど
結局は何も変わらない自分がいて

ブログだけじゃなくて私生活もまた同じ
今度こそはって、って思うのにまた繰り返すの

だからもう観念しましたよ、これが私だったんですね
やっと受け入れられたかな


今日はなんとか書いてみました
最初思ってたことと全然違う内容になっちゃったけど(笑)
書けてよかったです

載せたい音楽は、何日か前から決めていたのですが
今日はマシューの写真載せちゃったから
予定変更、MUSEにしますね

8月に新しいアルバムがリリースされる予定です
6/1にUPされたアルバム名と同じ冒頭の曲から

~ Will Of The People ~



6月9日の誕生日
オーストラリアのフェスにて新たに新曲が披露されました
こちらはライブ音源のみで公開されています
久しぶりにドキドキしてきたかな♪

~ Kill or be Killed ~.    https://youtu.be/1zdFIc5r43k




今日も聴いてくださってありがとうございますヽ(´▽`)/

それではまた



あたたかく優しいメロディと、切ない歌声に慰められて… Ricky Montgomer リッキー・モンゴメリー




どうも、ご無沙汰しております

いつの間にかゴールデンウィークですね
みなさまどうお過ごしでしょうか

私は相変わらず仕事づくしでありますが
通勤電車のホームには、連日小さいお子さん連れの家族がいっぱいです
2両しかない単線の電車なんですが
ホームに電車が入ってくるとどよめきが起こります

「わぁ、牛さん電車だ♪」とか    
「あぁ、残念、普通の電車だったね」とか
(これは羊さん電車、可愛いですよねw)
0ECBF7D8-D678-44F0-A89A-095E3B3D20D9.jpeg

子供たちの楽しそうな声を聞くと
自分もどこかに遊びに来てる感覚になって気持ちが上がります




さて
ブログの更新もせず、みなさまへのご訪問もままならず
1ヶ月以上が過ぎてしまいました
そんなつもりはなかったのですが…

ある時仕事でまた、つまづいてしまいました
今度そういう事を起こしたら辞めようと決めていたのですが

こんな自分でも働いていてもいいんだ
みんなに助けてもらいながら、続けてもいいんだ
やっぱり私この仕事好き
って思えて、やっぱりもう少し頑張ってみることにしました

(長くなるので写真でも、ベランダのサボテンに花が咲きました)
B50CE3FD-EE91-4AA4-B5C4-E5B5BF94F0E5.jpeg


今回家族といっぱい話をしました
それで自分が思ってることの愚かさとか、頑固さとかに
たくさん気づきました

それから自分の本心を話すことができました
お母さんだから、とか、私が頑張らなくちゃ、とか
そんな心内を話したら
ほんとはこうしたいって事も話せました

家族と言うよりは夫にかな
私は一番身近な人にちゃんと思ってることを伝えていませんでした


(今年も咲いたラナンキュラス、チイと一緒に)
73F928CB-5B30-43B3-B410-D058BD40F57F.jpeg


自分が精神的に病んでることに気づいてから
色んな出会いと出来事を経て、心のことを勉強しはじめましたが
気づくともう10年近い月日が流れていました

そこでやっとこの言葉が理解できました
半径3メートル以内を大切にする、幸せにするっていうような言葉を聞きますが
まずはこれなんだなって、本心で思えるようになりました
大切にする、幸せにするっていうのは、自分も含まれるということも

世間体がどうの、空気が読めないのがどうの、
普通はこうでしょ、とか、ここはこうするべきでしょう、とか
こんなことも出来ないでどうするの、恥ずかしい… とか

私は半径10メートル以上の人達のことばかりを
考えて生きてきたことにやっと気が付きました

自分を理解し寄り添うこと
特に今までダメで仕方がないと思っていた部分を隠さず偽らず
それこそが自分なんだと認めて、そこをケアしていくことが大事

まずは自分から、安心して過ごせるように
そして半径3メートル、10メートルの人々へ
自然とみんなの笑顔が広がっていく感覚なのでしょうか


(お散歩の途中、大きな鳥さんに出会いました)
05986441-49FB-4DD6-8F2D-3F0686C726C3.jpeg


このブログでのみなさんとの距離は
自分にとって半径5メートルくらいの位置かなと思うのです
あはは、勝手な思い込みですが

今まで無理してたかなって、この1ヶ月休んで気が付きました

白状すると、、って、知ってたかもしれませんが
記事を更新するのにまる1日かかったり
お声かけするのに分じゃ済まなかったり
それってどうなの!?って思ってしまって

もう国語力の無さに堪忍して、辞めたほうがいいのかなと思うけど
ここでお話したり、みなさんのブログを拝見してお話したり
やっぱり好きで、楽しみで、辞めたいと思えなくて

記事更新もご訪問も、もっとぐんと減ると思うのですが
まだここに居座り続けたいと思うのです


(こんなに近くに寄っても逃げませんでした^^⸝⸝)
991805E8-B3BD-44D7-BAF6-AFAD25D5C142.jpeg



今日はやっと書けると思えました
やっとかけたい音楽も決まりました

不思議なことに
音楽が決まらないと、お話する内容がまとまらないのです
ほんと、融通の効かない私です



今日のアーティストです

Ricky Montgomer   

リッキー・モンゴメリーはロサンゼルス生まれの29才
アメリカのシンガーソングライターです

F5915574-7D16-41F7-94AA-E5E5DD492588.jpeg

14才でバンド活動を始め、2014年デビューEPをリリースしましたがふるわず
現状を打破しようと2017年に幼なじみとのプロジェクト
The Honeysticks を始めますが
2020年の夏まで辞めることを考えていたそうです

でも、突然彼の曲に慰められる人々が増え人気が高まり
2020年冬にワーナーレコードと契約しそうです

私もその1人みたいですね
初めて聴いた彼のこの曲にずっと惹かれていました


The Honeysticks  
 Out Like A Light - Singl(2017)     https://youtu.be/OFeb1LK1vhM




次は4月にリリースしたばかりの
2nd EP 「It'2016 Somewhere」より
8A99CF76-C11A-4C9C-A94D-DC3F3EFD8846.jpeg

こちらは遠距離恋愛をテーマにした曲のようです
歌詞は悲しいものが多いみたいですが、あたたかいメロディが心を安らげてくれます




こちらは片想いの切ない思いを歌った曲です
歌っている表情が 嬉しそうでもあり悲しそうでもあり
歌詞を知らなかった私の胸にも切ない思いが伝わってきました

"
君が近くにいるとさ
周りの音が聴こえなくなるんだ、本当だよ
君がそばにいないと僕は壊れそうなんだ
だからここにいてくれないかな
君を見つけたあの日、僕は死ぬほど嬉しかったんだよ 
"



和訳のMVから少し抜きだしました




今度は2016年の1stアルバム「Montgomer Ricky」より
失恋の曲なのかな、ピアノ?らしき音が悲しく響きます

"
I'm Mr. Lovemen 
Oh, and I miss my Lover
"




最後は1stアルバムのファンのお気に入り曲、アコースティックヴァージョンです
どこか吹っ切れたように、優しい風が心を吹き抜けていきます

再び「It'2016 Somewhere」より
~ I Don't Love You Anymore -    https://youtu.be/PWVtnGAZigs




みなさんの優しさに甘えてしまいたい私がいます
今日も来てくださって、ほんとにありがとうございました

今年の連休はいつもみたいに暑くなく、逆に寒いくらいの気候でしたが
どうやら今日は夏日になるようです!(追記)
みなさんのところはどうでしょうか
体調にお気をつけくださいね

それでは、また








光る小道を走りだ出そう … Fairlife / パンと羊とラブレター (2007)


こんにちは

今日は少し暖かくて、桜の蕾も開き初めたようですね
今日は娘の大学卒業式
朝からお願いした美容師さんに来ていただいて、袴を着せてもらいました♪

画像がすごく悪くてゴメンなさい!
チイがちょこっと覗いてるのが笑えます(^ヮ^)
4C07A317-C160-4D40-9289-B4E4498F7414.jpeg

実は卒業できると決まったのはつい最近でして
決まるまで袴の事は言い出せなかったようです(気が利かない母でゴメン…)
急遽スマホですべてを手配していた娘でした

就職活動は大変困難で、就職浪人したいとも言っていた時期がありましたが
とりあえず働くところも決めて、なんとか卒業までたどり着きました

新しい世界へと走りだそう
今日はいい日になりそうです






さて、音楽ですが
今日はこんなジャケットに一目惚れ

Fairlife / パンと羊とラブレター(2007)
78BA8048-5821-46D3-8E19-4AF8FD67EDE9.jpeg


浜田省吾、水谷公生(アレンジャー)、春嵐(作家)の3名による音楽制作チーム
fairlife フェアライフ」の2nd.アルバム

様々なアーティストとのコラボレーションを目的としたユニットで
ゲストボーカルとして多彩な面々が招かれています

パンは「Hope(希望)」、羊は「Peace(平和)」、ラブレターは「Love(愛)」
前回は戦争のイメージさせた音だったので
こんな穏やかで幸せそうな絵に惹かれてしまったのでしょうか


まずは奥田民生さん
この歌声が前から好きです

"
傷だらけ 僕の心 飛べない鳥のように
もうダメだ、と涙を流す
1120回目 ふわりと風にのり
光る雨の小道を 走り出していた "

~ 鳥のように消えた日 (feat. 奥田民生) ~      https://youtu.be/jeNNFCfSDL4



岡野昭仁さんは fairlifeに準レギュのように全てのアルバムに参加しています
プチ情報ですが岡野昭仁さんの好きなアーティストのくくりに
MUSEも入っていいましたヽ(´▽`)/

淋時雨と書いて「さみしぐれ」と読むそうです
浜田省吾さんの音と岡野昭仁さんの歌声、とても相性がいいですね

~ 淋時雨 (feat. 岡野昭仁 from ポルノグラフィティ) ~  



浜田省吾さんは最近になって、ベスト盤を好んで聴くようになったくらいなんですが
なんか好きですよ
歌声にのって歌詞が心に染みてきます

~ ソウルメイト (feat.浜田省吾) ~      https://youtu.be/G55sdIgrs28

作詞  春蘭
作曲  浜田省吾
編曲  水谷公生



お付き合いくださって、ありがとうございました

それでは、また


自分にいったい何が出来るのか … GHOST / IMPERA (2022)





こんにちは

先日の地震、大きな災害にならなかったようで胸をなでおろしました
ですが新幹線の脱線のニュースは驚きました
走行中緊急ブレーキ後の大きな揺れで全17両中16両が脱線
横転もせずに乗客に怪我もなく済むなんて
これが今の日本では普通のことなのかわからないけれど、
技術の高さを改めて確認しました

今日は冬に戻ったような寒さと冷たい雨の予報
どうか早く春の暖かさが各地に到着しますように

44369B9F-8774-4FEA-B02C-CE994982AE69.jpeg



少し私の近況をお話しますね

10日間のコロナ療養期間が終わり、15日より仕事に復帰しました
症状はほとんどよくなりましたが、胸の上半分に少し痛みが残っています
どうもスッキリとは治らないようですね
肺に少し心配事がある夫に伝染らなくてよかったと、ほっとしています
息子も大丈夫でしたが、これからも油断は禁物でしょうか


休んでいる間、自分のズボンのステッチ(縫い目)が目にとまると
ああ、なんか見るのもイヤ…
とか思っている自分がいました (なんでかな笑)

仕事復帰してお直し作業をしていると、やっぱり楽しいなって思えたので
なんか少しほっとしました

お休み中にちょっと考えました
死ぬまでにやりたい事(笑)
いえ、大それた事じゃなくて些細なことです

例えば、
美味しいレストランに食事に行く
モーションブルー・ヨコハマでジャズを聴きながら食事する
近場の初級者レベルの大山(丹沢)の頂上に行くこと
図案を考えて刺繍をする  etc

やろうと思えば出来ない事じゃないのに
暇がない、もったいない、どうせ上手くいかないし、とかそんなこと
別にやらなくてもいいし、焦らなくてもいいし
ただ1個づつやっていくと、次のやりたい事に気持ちが繋がっていくような気がしますね



今日の音楽です

GHOST / IMPERA (2022)
58B7C189-DEB4-460E-982F-8065AFA86087.jpeg

GHOST (ゴースト)はスウェーデンのヘビィメタル・バンド
2016年にグラミー賞も取っているようです

ことらは、孤立と半神崇拝、空間と精神の植民地化をテーマに制作された
3/11リリース、5枚目のアルバムです

まずは80年代のハード・ロック感たっぷりのこの曲からどうぞ


~ Wacher In The Sky ~   https://youtu.be/iF0kcLLzUc4



全12曲で後半はまるで映画を観ているかのような構成です

初めから次はこのアルバムをアップしようと決めていましたが
だんだん、今これをかけるとあまりにも世界の今の状況を彷彿させて
いい気がしないんじゃないかって
勝手に自分で妄想したストーリーなんですが(-_-)ゞ゛

音楽と気持ちが一緒にならないと、どうも記事が書けなくて

やっぱり今の私の頭の中にはこれしかなくて
人類は何度も同じ過ちを繰り返す
だけど目を背けてはいけない
自分にいったい何が出来るのか…








~ Darkness At The Heart Of My Love ~.   https://youtu.be/3AD-KR-z1x8



~ Respite On The Spitalfields ~.   https://youtu.be/iEpTEydF4DY



最後のメロディがアルバム1曲目に繋がっています
そこからまた始まる新しい世界

~ Imperium ~.    https://youtu.be/iuYxW_RiSaw



長くなりました
お付き合いくださって、ありがとうございました

それでは、また





「よっしゃー、やろうぜ!」… Stereophonics / Oochya! (2022)



こんばんは

今日はお日様も顔を出さず、ひんやりと寒い一日ですが
明日からはどんどん気温が上がっていくようですね

これは先日の空ですが
外はとっても気持ちよさそうでした
ただの休暇だったら良かったのにね

13E18BD5-7442-43AC-BA06-15201E4EA514.jpeg

熱は2日で下がりましたが、頭も体も少し重くてぼおっとしています
お腹の具合もイマイチです
あとは口から鼻まで、粘膜系がなんかおかしくて
味覚が変で、濃い味がどうもダメです
スープとか雑炊とか、そんなのがいいですね

さて、あと6日間自宅待機ですが
このままだと体力が落ちて仕事大変かも
少しづつ体を動かさないといけませんね

仕事から離れると、何も無い自分が浮き彫りにされます
振り返ってみても、なにも残ってない
残すような生き方をしてこなかったかな

でも、今の仕事をしてからは、少しだけ跡が残ってるような気がする
もっと自分で選んで決心して、自分で人生に傷跡を残していきたいな

できるかな、やってみなくちゃね




音楽はこちら


Stereophonics ステレオフォニックス

Oochya! (2022)
71889146-1F4F-4C83-81A2-E135353CDAAB.jpeg

3/4にリリースされたばかり
結成30周年とデビュー25周年というダブルの節目にあたる、通算12作目のアルバム

Oochya! は「よっしゃー、やろうぜ!」って意味で
スタジオでいつもみんなで使っていた言葉だそうです


まずはこの曲から
とっても彼らっぽい、とっても素敵な曲
ケリー・ジョーンズ(Vo/Gt)が自らの人生を最も率直な言葉で振り返った内容のようです

" ここぞというタイミング、ここぞという場所で
君と出会っていなかったら、今頃オレはどこにいるんだろう "

~ Right Place Right Time ~     https://youtu.be/TjFR5i2etBU




次から次へとステレオフォニックスらしさが炸裂する曲ばかりですよ

~ You're My Soul ~.       https://youtu.be/93PCCv8hNsE




ロックンロールは俺たちの核心にあるものなんだ
自分の内面を見つめ直す時期が人生にはあるけど、
そうしたロックンロールの曲はごまかすことなど出来ないんだ


~ Do Ya Feel My Love? ~     https://youtu.be/2btrNvqYR_s




誰にでも人生最高の時が訪れるもの
私はもう!?   それとも…

~ Every Dog Has Its Day ~.      https://youtu.be/c-zExQ_YSd0



なんだかベスト盤を聴いてるかのよう
懐かしいけど、新鮮で、迷いがなくて、ストレートで


またライブの音が聴ける日がきっと来るよね
まだまだやりたい事、いっぱいあるね♪



今日もお付き合いくださって、ありがとうございました
それでは、また




"申し訳ない気持ち" の裏側とは… The Tragically Hip / Ahead by a Century


こんばんは

昨日は雛祭りでしたね
ちらし寿司でも作ろうと思ってましたが…

実は娘がコロナになってしまいまして
私は濃厚接触者ということで昨日から自宅待機しています

仕事場は結局ケガをしたスタッフはそのまま辞めてしまい
相変わらず2人でシフトを回していたんですが
私まで出られなくなって…

申し訳ない気持ちでいっぱいで
隠して出社した方が良かったのか
なんて許されないことを思ってたりしたけど

仕方ないことだと割りきれたら
罪悪感が薄れました

急に仕事が休みになって、何しようかな
ブログもゆっくり書けるな、なんて思ってウキウキしてたら
今朝高熱が出て、見事私もコロナ感染者になってしまいました

症状はインフルエンザと同じような感じです
解熱剤を飲めばずいぶん楽になるので、ちょっとブログを更新(^^ゞ
これでまたみなさんのブログに伺えます

自分が更新しないと申し訳ない気持ちでいっぱいになって
せめて1週間に1度はアップしようと思うのですが…

この "申し訳ない気持ち" の裏側とは…
この気持ちが大きい限り、心から楽しめないのかなと思う

"申し訳ない気持ち" から書きたくない
書きたいから書く、お話したいから話す、がいいです
お料理でも、なんでも

最近は少しづつ、色んなことが楽しく感じられる日々です




今日の音楽は1曲だけにしますね

カナダを代表とする小説「赤毛のアン」を原作とした
日曜夜、NHKのドラマ「アンという名の少女」のテーマ曲です

502ABD70-6BCF-47B0-A8E4-2B17E53C034D.jpeg

赤毛のアンというとそばかすの少女ですよね
私も小さい頃からそばかすが沢山あって、少しコンプレックスでした
アンも、キャンディ・キャンディもそうですが、明るくて物怖じしない性格で
私も同じそばかす少女なのに、全然違うなぁと思ってました

このドラマ、イラッとすることが何回もありました
あまりにも自分の感情に正直で、情に溢れ勇敢で
そんな正直に振る舞えるアンを見てると
自分の押さえ込んだ感情に気づかされます

歌っているのはThe Tragically Hip(ザ・トラジカリー・ヒップ)という
こちらもカナダの代表的なバンドだそうです

ドラマの最初と終わりに流れる、素敵なギターの音が気になっていました♪

~ Ahead by a Century ~   https://youtu.be/QE2joQsWXJg


Trobule At the Henhouse (1996)より
4DCE3168-3BEA-4709-9EBD-C7AA4AD9D918.jpeg



次回が最終回なんです
楽しみにしてたドラマが終わってしまうのは寂しいですね

今日もお付き合いくださって、ありがとうございました
それでは、また




ゆっくりでいいから… Morcheeba / Big Calm (1998)

おはようございます

あれよという間に月日が過ぎて行きますね
とは言っても、何があったわけでもなく
毎日同じような日が繰り返されているわけですが…

でも、日々感じていることは様々で

昨日まではあんな風に考えてたのに
今日はこんな風に考えられてるなんて、と

ああ、こういう事だったんだって
なんか180度反転したように、はっと気づくことがあったり

今まで苦手でイヤだなと思ってたことも
ちょっと楽しく思えたりして

お料理のことなんですけどね
昔は好きだったんですが
なんかその頃の気持ちを思い出しました



なんだか長い間
薄暗い場所に居たような気がします


BB6BA8B3-4145-43D1-BCDC-E9CDA58F1AA1.jpeg
先日素敵なお花屋さんに行った時買った、大きな1輪の薔薇があったのですが
枯れてきたので花びらを1枚1枚取ってみました
夜お風呂に浮かべて、少しリッチな気分を楽しみました♪


ちょっと明るい画が欲しいですよね(^^ゞ

買って直ぐに撮ればよかったんですが、開きまくってます笑
こちらの可愛いピンクのお花は、スカビオサ
B1F0923D-BA8C-4433-A7D0-AF34D9CFCE00.jpeg

これも同じ花のなんです
ニンジンみたいですねw
DA5311D2-B4F6-4112-8B9C-9F1F968CBA10.jpeg

大輪のラナンキュラス
似たようなお花ばかりでしたねww
F3C299C1-59DC-4CFB-9172-B0B52EB30C7F.jpeg

こちらは娘がチョイスしたお花たち
独特のムード
A9006C79-5729-481B-B100-1EF535F86018.jpeg


今は、周りの景色が明るくなった気がしています
現状は前と何も変わってはいないのだけれどね

もっと楽しく過ごさなくちゃ
些細な楽しみも見過ごさないようにしなくちゃ

とか、また自分に強制してたことに気がつきました

なにか自分を脅したり強制したり
すればするほど怖くなるから(あたりまえだね笑)
やめる勇気を出してみた
そしたら、勝手に"楽しい"が見えてきました^^⸝⸝




今日のアーティスト

Morcheeba   モーチーバ
72BBA6A6-7806-4B20-B4D1-23E4436E43F4.jpeg

イギリスのエレクトロニックバンド(1990〜)
ゴッドフリー兄弟のプロダクション・センスとスカイのクリアかつソウルフルなボーカルのコンビネーションが、心地よく美しいメロディーを響かせてくれます


Big Calm (1998) より
F9FDA87C-0AA3-42D0-98F0-E3FD29997D09.jpeg


明るくて気持ちのいいその場所に両手を伸ばすけれど
まぶしいくて思わず目を塞ぎたくなる

~ Part of Process -    https://youtu.be/YHxtuwyC_Xk



もう少しだけ、ここに居ようと
生ぬるい暗がりを好む者が私を誘う

~ Over and Over ~.     https://youtu.be/8m9ZZDLQsgQ



怖がらないで、もう大丈夫だから
ゆっくりでいいから、その明るさに慣れていけばいい

~ Fear and Love ~.    https://youtu.be/X6W1AX0qT7s




最後はアルバム冒頭の曲です
澄み渡る海の景色に、揺らめくギターの音が心情を表しているよう

~ The sea ~.      https://youtu.be/zWHXPz6qF7g



モーチーバという名前からも、いつもと違う音出会えたと思ったけど
やっぱり私の好きな感覚が満載の音楽でした


お付き合いくださって、ありがとうございました

それでは、また




ホンワカとした心地よい記憶は… M.Ward / Hold Time (2009)

こんにちは

今日はこちらは雲は多めですが、少しあたたかいでしょうか
最近は雪の予報もあったりで寒いんでしょう
うちの猫さん、いつもは入らないコタツに入りたがります

コタツに入ってくると、みんな嬉しくってね
一緒にぬくぬくしてると思うと心も温まります♪


チィが家に来たのはもう12年前
手のひらの上で眠っていた頃の写真もあったんだけどな

7年前のこれがいちばん古い写真です

801A14D3-8AA4-4E64-800D-2A4B7D9EC5C8.jpeg

ずいぶんとシュッとして、細かったのね
この頃は体に大きなハゲさんがありました
尿に結石があったりと、ストレス過多だったんですよね


なかなかいい表情が撮れないんだけど
それでもいい方の写真を少し

ベランダにいる時がいちばん気持ちよさそうです

EE2C74A3-4E00-4AAD-8285-D61C4FA09841.jpeg



めずらしくイカ耳になってビニールと苦戦してるにゃ

936E1A90-02CF-41A7-A671-274BBBBCBBCB.jpeg


いつもの押し入れでふみふみに夢中

EF219904-1461-476E-9508-C01DE6A8B732.jpeg



インテリアの一部になる加工処理された猫さんを

A80F05CC-95BB-4CF8-8A03-73B8CA394121.jpeg


最後は貫禄のあるぶっちょなお顔で…

6F6F55BE-9D97-4C59-A2F7-9A84D48BD8D0.jpeg



なかなか可愛く撮れない愛猫さんですが
今度はもっと上手く撮ってあげるからね





では音楽です
今日のアーティストは

M.Ward  マット・ウォード    
1973生れのアメリカのシンガーソングライターでギタリスト

まずはこちらでのライブ映像でどんな方かを…

~ Migration Of Souls'~     https://youtu.be/S0paiqFt810


なんだか懐かしくて馴染み深くてホッとする音です


2009年のアルバム、Hold Timeより
4E8CF233-21D2-4FA8-A845-66CBF5553D6D.jpeg

古き良き時代の音っていうんでしょうか
ギターの響きが好きですね

認識論って哲学なんですね
「知る」とは何かを追求する…

~ Epistemology  ~ 認識論    https://youtu.be/uYt45_azIxE



バディー・ホリーという方の曲(1958)
M.wardさんらしく、のんびりとした感じにリメイクされています
一番楽しかった時期をなんだか思い出します




この映像にこの曲が流れると、胸がきゅっと苦しくなります
ノスタルジック、その裏にあるのは、寂しさや不安、後悔だとか
やっとわかってきたんですよね
自分がその時々にしてきた決意の結果が今だってこと
だからもう振り返らず、前に進むしかないんですね


~ Hold Time ~    https://youtu.be/Brsw4znRq34




どんな過去の心境も静かに映し出されていく
美しく透き通った湖のある景色が見えてくる





では最後に
懐かしくてほのぼのする曲ですよ

 M.Ward はShe & Him というポップデュオを組んでいますが
その相方さん、女優ズーイー・デシャネルが歌う「くまのプーさん」の主題歌ですね
(2011年公開ディズニー映画)


プーさん、子供達が小さい時ほんとよく観ていました
この曲が流れてきて、思わず娘と2人で口ずさんでました
なんか昔に戻ったようでした


Zooey Deschanl & M.Ward



M.Wardさんは以前から紹介しようと思っていましたが
今日はこの「プーさん」の曲がきっかけで書きたくなりました

ホンワカとした心地よい記憶は
いつになっても心を潤してくれますね


今日もお付き合いくださって、ありがとうございました
それでは、また(´ー`)/~~